ラクビ(LAKUBI)を飲む時間帯としては食前よりも食後を強くおすすめします。この理由に大きく関わっているのが食事の前後で変わる胃酸の濃度になります。どうして食前よりもラクビ(LAKUBI)を飲むなら食後がおすすめなのか、詳しく解説していきます。

説明文:
ラクビ(LAKUBI)を飲むタイミングとしてはずばり食後の方が食前よりもおすすめです。その理由は食事の前後で私たちの体に起こる変化を知れば、あなたもきっと納得できるはず!ラクビ(LAKUBI)を飲むなら食前よりも食後が良い理由をしっかりとお伝えしていきます。

ラクビ(LAKUBI)を飲むなら食前よりも食後が良い理由

ラクビ(LAKUBI)は医薬品ではありませんので、本来はいつ飲んでも大丈夫です!でも、せっかくなら少しでもしっかりと効果が出ることが期待できるタイミングで飲みたいものです。それなら食前よりも食後の方がおすすめですよ。

その理由は空腹状態である食前の方が胃酸の分泌が活発で濃度も濃くなっているからです。一般的に腸内で働いてくれることが期待される善玉菌にはこの胃酸のような酸に弱いものが多くいます。つまり、空腹状態の食前にラクビ(LAKUBI)を飲むと、100%からは遠ざかってしまうことが十分に考えられるというわけです。

逆に食後は胃酸の濃度が薄くなっていますので、飲んだラクビ(LAKUBI)が受ける影響は少なくなりますので、タイミングとしてはベストと言えるでしょう。

飲むタイミングを変えたら調子が変わるという口コミも

ラクビ(LAKUBI)を実際に愛用している人たちの口コミでも「これまでは食前に飲んでいたが、食後に飲むようにしてから、調子が良くなったように感じる」というものもありました。この口コミからも胃酸の薄いタイミングに飲むことによって、しっかりと腸内まで届いてくれることが感じられますね。

寝る前がおすすめな人もいますよ!

ラクビ(LAKUBI)を飲む時間帯としては胃酸の濃度の状態から、食後が良いことはすでに紹介した通りですが、人によっては寝る前に飲むのがケースもあります。というのも、腸内細菌の活動が活発になるゴールデンタイムとも言えるのが22:00〜2:00と言われています。このタイミングに合わせてラクビ(LAKUBI)を飲むことにより、最大限の働きをしてくれることが期待できるという意見も。

こういったことから、まずは食後にラクビ(LAKUBI)を飲んでみて、思うような変化を感じられないば場合には寝る前に飲むスタイルに変えるというのもアリだと思います。人それぞれお腹の状態は異なりますから、実際に試してみて、自分の調子を確かめた上で飲むタイミングをアレンジしてみてるのも良いですね。

⇒ 飲むなら食前よりも食後!ラクビ(LAKUBI)の詳細はこちら