腸内フローラでエクオールを作れる人の割合とは?おすすめ食品も紹介します!

女性に嬉しい効果を発揮するエクオールを作り出す腸内細菌を持っている日本人の割合がどれくらいなのかについてこちらではお伝えします。また、どんな食品が十分な量のエクオールを作り出すためには重要なのかについても合わせてお伝えしていきます。

エクオールを作る腸内細菌がいる人の割合は・・・

腸内細菌が作る成分のエクオールにはこちらの記事でもお伝えした通り、目尻のシワを改善する美容効果があることが分かっています。そんな素敵な成分をみんなが作られていれば良いのですが、日本人の2人に1人しか、エクオールを作る腸内細菌が体内にはいないのが実情となっています。自分はどちらなのか?気になるところですね。これをチェックするためにはこちらのサービスのように専門の検査キットを使う必要があります。興味のある人は実際に調べてみるのも良いですね。

残念ながら、自分の腸内フローラにはエクオールを作り出す腸内細菌がいない、という場合にはサプリメントを利用するのが手軽にエクオールを摂取する方法となります。幸いにもエクオールを作り出す腸内細菌がいたとしても油断はできません。しっかりとエサとなる食べ物を摂らないと思うような効果は感じられませんので、食事で注意すべきポイントについて次の章でお伝えします。

エクオールをしっかりと作り出すために必要な食品とは?

エクオールをしっかりと腸内細菌で作り出すために必要な食品とはずばり大豆になります。というのもエクオールは大豆イソフラボンの仲間であり、もともとは大豆には含まれていませんが、大豆に含まれているイソフラボンを腸内細菌が変化させることによって生み出されるのがエクオールというわけです。

そして、このエクオールは美容効果の他にも顔のほてり(ホットフラッシュ)といった更年期障害の症状や骨密度の低下を防ぐ働きがあることが様々な研究で報告されています。こうした効果が発揮される理由としてはエクオールが大豆イソフラボンと同様に女性ホルモンに似た構造を持っていることによります。しかも、その効果は大豆イソフラボンよりもエクオールの方が高いことも明らかとなっています。しっかりと、こうした効果を発揮するためにも普段の食生活で大豆が不足している、と感じているなら積極的に食べるように心がけたいですね。

腸内細菌がエクオールを作り出せなくても大豆を食べることが有効な理由とは?

美容効果や更年期障害改善効果がいくつも報告されているエクオールをしっかりと作り出すためには大豆が重要であることをお伝えしました。大豆が足りていないなぁ、と思っているなら意識して食べることをおすすめします。エクオールを生み出す微生物のエサとなりますし、エサが増えることでエクオールを作る菌の量が増えることにもつながります。

一方、エクオールを作る微生物が腸内フローラにいない人でも大豆を食べることでエクオール以外の大豆イソフラボンの効果は期待できますので、やはり大豆が不足しがちと思っている方は積極的に食べるとよいでしょう。どうしてもエクオールを摂取したいという場合にはサプリメントがおすすめです。

まとめ

美容をはじめとする様々な効果が期待出来るエクオールを作り出す腸内細菌を腸内フローラに持っている人の割合はおおよそ2人に1人になります。最近がエクオールを作り出すためのエサとするのは大豆なので、不足していると認識しているなら、意図的に食べるようにすることがおすすめです。

– – – – –

腸内フローラについてはこちらの記事も参考にしてください

1:腸内フローラによって私たちの肥満や痩せることが決まっているの?

2:腸内フローラがどうなると肥満になってしまうのか?短鎖脂肪酸とは??

3:短鎖脂肪酸がどうやって作られる?肥満との関係する重要な役割とは?

4:腸内フローラを肥満型から瘦せ型に変化させる考え方と実践方法!

5:腸内細菌が作り出す美容成分:エクオールとは?本当に効果があるの?

6:腸内フローラでエクオールを作れる人の割合とは?おすすめ食品も紹介します! ← 今ココ

7:

8:

9:

10:

SNSでもご購読できます。