ラクビ(LAKUBI)によって起こる腸内フローラの変化を徹底解説!

ラクビ(LAKUBI)が腸内フローラにもたらす効果を知りたいあなたへ!

多忙をきわめる現代人にとって、健康を保つことは必要であり、難しい課題になってきています。生活習慣や食生活を整えればいいとわかっていても、それを続けるのは結構大変ですよね。そんな中で近年注目されているのが腸内フローラという言葉。腸内フローラを整えることで、お腹や体がスッキリすると良く耳にしませんか?そこでご紹介したいのが、ラクビ(LAKUBI)という腸内環境サポートサプリです。ラクビ(LAKUBI)は毎日1日1粒だけで腸内フローラを整える働きをしてくれます。

しかしそもそも、腸内フローラが整っていないと体にどういったマイナスがあるのか疑問ですよね。腸内には多くの種類の細菌が住んでいることはみなさんご存知かと思います。その中には、善玉菌や悪玉菌と呼ばれるものや、やせ菌、でぶ菌と呼ばれているものまで様々です。善玉菌が減ってしまうことで悪玉菌が増え、その悪玉菌が作りだす有害物質もお腹にたまっていくことになります。これが腸内フローラの乱れといわれる状態です。この有害物質によって、お通じの調子が悪くなり便秘や下痢などが引き起こされます。また、お腹の調子だけでなく、腸から吸収された有害物質は体中をめぐり、肌荒れや肩こり、生活習慣病にまで影響してくると言われています。

では、どのようにして腸内フローラを整えたらよいのでしょう?ずばり、先ほども出てきた善玉菌という腸内細菌を増やし、悪玉菌より強い状態にすることが必要です。善玉菌の一つとして有名なのがビフィズス菌です。乳酸菌も善玉菌として有名ですが、実は乳酸菌よりもビフィズス菌の方が人間の腸内に適しているというデータがあります。このビフィズス菌を体内に摂り込むことで、悪玉菌の勢力を弱めることができます。さらに、やせ菌を増やし、でぶ菌を減らすことで痩せやすいスッキリとした体になることができます。

このような腸内の改善を簡単にサポートしてくれるのが、ラクビ(LAKUBI)というサプリです。ラクビ(LAKUBI)には、善玉菌であるビフィズス菌が8.5億個も配合されているので、毎日飲むことでより確実に腸内の細菌バランスを整えることができます。そして、やせ菌を増やすことで有名なオリゴ糖も入っているので、やせ菌が腸内に住みやすい環境を作っていきます。さらに注目していただきたいのが、短鎖脂肪酸を作り出す酪酸菌が1,700万個含まれているということです。この酪酸菌が作りだす短鎖脂肪酸ですが、腸内のバリア機能を高めて病気に強くしたり、脂肪を蓄えにくい体に導いたりと、人の体にとって良い働きをたくさんしてくれる物質なのです。他にも、糖質の吸収を制限してくれるサラシアエキスや、お通じを出やすくするスッキリ成分、レジスタントプロテインも含まれています。

ここまでお腹や体の状態を良くするたくさんの成分や物質をご紹介させていただきました。簡単にまとめますと、ラクビ(LAKUBI)は腸内フローラを整えることで、腸内のバリア機能を向上させながら、善玉菌の数を増やしてお腹をスッキリさせ、痩せやすく軽やかな体へと導いてくれます。なんだか最近以前のようにスッキリしないと感じている方は、一度ご自身の腸内フローラに目を向け、ラクビ(LAKUBI)などの商品を使ってみてはいかがでしょうか。

⇒ ラクビ(LAKUBI)の効果についてもっと知りたい方はこちら

SNSでもご購読できます。