腸内フローラによって私たちの肥満や痩せることが決まっているの?

腸内フローラによって私たちが太ってしまったり、逆に痩せるということはすでに科学的に証明され、世界的な論文にもその研究結果が掲載されています。こちらはではどのようにして、この因果関係が証明されたのかをお伝えします。

腸内フローラの状態次第で痩せる・太るが決まる??

日常の会話の中で「よく食べるけどあの人は太らないね」「私は食べた分はキッチリ降ってしまうわ。苦笑」なんてことを話す機会があるかと思います。

太りやすい体質、太りにくい体質などという言葉あるように同じように食べているのに太る人もいれば、全然太らない人もいる、というのはあなたも日常生活の中で感じていることでしょう。ただ、その理由はなんだろうとなると「腸の吸収効率が違う」とか「筋肉量が多いから基礎代謝が高い(その結果として太りにくい)」はたまた「遺伝的に太りやすい・太りにくい」なんて意見もあるかと。

そんな中で世界に衝撃を与えたのが世界的な権威を持つ科学雑誌「サイエンス」に2013年9月に掲載された「腸内フローラの乱れが肥満体質の原因になる」というワシントン大学のジェフリー・ゴードン教授による発表でした。

この研究の以前には
肥満の人と痩せている人では腸内フローラに異なる点がある
という研究発表は数多くありました。

しかし、これらの発表では「太っている・痩せている」という違いが生じる場合には「腸内フローラの状態」にも違いが生じるという関係性はわかっていたのですが、腸内フローラの違いが原因で太る・痩せるという体の状態の違いが生じるのか?それとも太った結果として腸内フローラの状態が痩せている人とは異なるのか、ということは分かりませんでした。

それ対して歳ほど紹介したジェフリー・ゴードン教授による論文では「腸内フローラが肥満の原因になる」ことを科学的に証明したのでした。

どんな実験で腸内フローラと肥満の関係は証明されたのか?

腸内細菌の専門家であるワシントン大学のジェフリー・ゴードン教授はこの分野の世界をリードするトップランナーの一人です。

彼らがまず最初に行った研究は、「肥満の人」と「痩せている人」の腸内フローラを無菌マウス(腸内細菌が全くいないマウス)に移植するというものでした。ちなみに腸内フローラの移植方法はそれぞれの人たちのウンチを無菌マウスに与えるというものです。なにしろ私たち人間のウンチの三分の一は腸内細菌でできているんですから。この方法によって、それぞれの人間の腸内フローラをマウスの中に定着させることができるのです。

痩せている人の腸内フローラを移植したマウス(痩せフローラマウス)と肥満の人の腸内フローラを移植したマウス(肥満フローラマウス)を使って次のような実験が行われました。

痩せフローラマウスと肥満フローラマウスに同じ量の食事・同じ量の運動をさせて1ヶ月間脂肪量の変化を計測しました。すると痩せフローラマウスの体重は1ヶ月の間スタート時の0(ゼロ)からほぼ変化がなかったのに対して、肥満フローラマウスの方はどんどん脂肪量が増え、1ヶ月後には約20%まで脂肪量がアップしていました。

異なる人の腸内フローラを用いて繰り返し試験を行っても同様の結果が得られたことから、腸内フローラが肥満の原因になるということが科学的に証明されたのです。

SNSでもご購読できます。