ラクビ(LAKUBI)の口コミをご紹介!!どんな効果があるの?実際に使ってみた人の感想は?

健康は腸内環境で決まるともいわれていますね。そこで今話題になっている腸内環境を整えてくれるサプリメントのラクビ(LAKUBI)。
はたして効果はどうなのでしょうか?これはぜひ実際に使ってみた人の口コミが知りたいですよね。
どんな悩みをもった人が、ラクビ(LAKUBI)飲んでどうなったのか?気になるラクビ(LAKUBI)の口コミをご紹介いたします。

口コミを見ると、まずラクビ(LAKUBI)は腸内環境を整えるということで、主に便秘で悩んでいた人で購入した人が多いですね。

便秘に悩んでいたところ、一週間ほどで便秘が改善され、一日たったの1粒でいいのか不安になったけれど、効果が感じられてよかったという30代後半の方。

同じく便秘で悩んでいたところ、一日に2回もお通じがある日もあるくらい解消されたという30代前半の方。

便秘に悩んでいたのが、服用しはじめて2日目からお通じがでるようになり、苦しみから救われたという30代後半の方。

脂っこいものが好きで、おなかの調子が悪くなることが多かったでれど、それが解消されたという40代前半の方。

便秘と下痢を繰り返してしまうという症状に悩まされていたのが、10日間で解消されたという30代前半の方。

2か月半服用して便秘が解消されたという40代後半の方。
ラクビ(LAKUBI)の服用と並行して、腸をもむ体操をしたら、お通じがよくなってきたように感じ、朝のお通じが楽になって驚いたという30代前半の方。

たまに腹痛に悩まされることがあったけれど、排便の際に、お腹やお尻の痛みを感じることなく楽になり、副作用もないという30代前半の方。

腸内環境を整えるということで、やはり便秘に悩んでいて、ラクビ(LAKUBI)の服用を開始して効果を感じた、という口コミが多いようですね。

そして、ラクビ(LAKUBI)の効果でもうひとつ注目されているのがダイエット効果です。善玉菌の働きで油を排出されやすくなるということから期待をしたという人が多いですね。
そこで次にはダイエット効果を期待して購入したという方の口コミをご紹介いたします。
  
食生活はそのままで、およそ1キロのダイエットに成功したという20代後半の方。

たくさん食べても、翌日体が重いこともなく、1キロ減のダイエットができて感激したという30代前半の方。

腸内環境が改善され、痩せているかどうかはともかく、ぽっこりおなかがへこんだという40代前半の方。

便秘かちで太りやすかったのが、体重が少しずつ落ちてきたという30代前半の方。

即効性まではないものの、使い始めて1.5か月ほどで便秘解消の効果が感じられ、体重が2キロ落ちたという40代後半の方。

実際に服用した方々の口コミをいくつかご紹介いたしました。もちろん効果は個人差があり、効果が感じられたかったという人も当然おられます。また、ラクビ(LAKUBI)はあくまでサプリメントなので、基本的には腸内環境を整えて健康をサポートするものです。いわゆる下剤ややせ薬などとは違いますので、その辺きちんと理解した上で服用することをおすすめいたします。

⇒ 口コミでもうわさのサプリメントラクビ(LAKUBI)の詳細はこちらから

ラクビ(LAKUBI)にはどんな効果が期待できるのか?健康効果をもたらす成分を徹底解析

話題のサプリメント、ラクビ(LAKUBI)は腸内環境を整えてくれて、美と健康を体の内側からサポートしてくれるということですが、はたしてラクビ(LAKUBI)はいったいどんな効果が期待できる商品なのでしょうか?気になるこの点について要因となる成分も一緒にご説明いたします。

ラクビ(LAKUBI)を飲むことでどんな効果が期待できるのでしょうか?
 まず第一に腸内環境を整えることで、特に女性に多い便秘の解消や、生活習慣病などの予防が期待できます。
そして次に、みんなが一番関心があるであろう、ダイエット効果です。例えばそんなにたくさん食べているわけではないのに、なんとなく太りやすい。そんな悩みにもラクビ(LAKUBI)は強い味方になってくれます。実は太りやすいのには、腸内の「テブ菌」が原因の一つともいわれています。この「デブ菌」を減らし、「やせ菌」を増やすことで、余分なものを溜めない、しっかり排出できる健康的で太りにくい体質への改善に役立ちます。
 

さて、そんな嬉しい効果をもたらしてくれるのは、いったいなぜか?ラクビ(LAKUBI)にはどのような成分が配合されているのでしょうか?
腸内フローラという言葉をきたことがありますか?腸の中には様々な菌が生息していて、それが花畑のようなのでフローラといわれています。ラクビ(LAKUBI)はまさに、その腸内フローラに働きかける成分が効果をもたらしてくれるんです。

ラクビ(LAKUBI)の成分でまずはじめに注目すべきものが酪酸菌です。酪酸菌とは短鎖脂肪酸の一種です。
短鎖脂肪酸は、悪玉菌からでる酵素の活性を抑制する働きがあり、人間の体の健康維持には欠かせない成分として注目を集めています。平たく言えば、腸を毒素などから守ってくれるバリアのような働きをしてくれるものです。
そしてそれは癌や糖尿病、免疫機能を調節してくれたり、過剰な食欲を抑えてくれる効果が期待できます。
また短鎖脂肪酸の嬉しい働きは、肥満防止です。脂肪が体内に取り込まれるのを抑制する作用があるからです。

そして、次に注目すべき成分がオリゴ糖。先ほども少し述べましたが、腸内にはいわゆる「デブ菌」と「やせ菌」が存在することが最近明らかになっています。
「デブ菌」とは悪玉菌に属するファーミキューテス類といわれるもので、余計なものを体にため込んでしまう作用があります。
「やせ菌」とは善玉菌の「バクテロイデス」「ビィフィズス菌」のことで、先ほどご説明した、肥満防止の役割をする短鎖脂肪酸を作ります。そして、「やせ菌」を増やせば「デブ菌」であるファーミキューテス類が減るので、?せやすい体質になるというわけです。

オリゴ糖はこの「やせ菌」であるバクテロイデスやビフィズス菌のえさの役割をしてくれるので、摂取することで腸内の「やせ菌」増やす効果があります。

3つ目はまさに「やせ菌」であるビフィズス菌です。ビフィズス菌といえば、ヨーグルトなどに含まれていて、健康にいいことは昔からよく知られていますね。ラクビ(LAKUBI)にはこのビフィズス菌の中でも、特に肥満の抑制に効果的といわれているB−3を8.5億個配合しています。

つまりまとめると、ラクビ(LAKUBI)に含まれるよる健康によい効果をもたらす主な成分とは、腸のバリア機能を果たし病気を防ぐととともに、肥満を防止してくれる「酪酸菌」。「やせ菌」のえさとなって、「やせ菌」を増やしてくれる「オリゴ糖」。「やせ菌」であり、肥満防止をもたらせてくれる「ビフィズス菌B−3」ということになりますね。

⇒ 話題の腸内フローラに働きかけるラクビ(LAKUBI)はこちらから

ラクビ(LAKUBI)の飲み方で効果が変わる?おすすめの乳酸菌サプリの飲み方紹介

話題の腸内フローラを整えて、美と健康に効果的とうわさのサプリメントのラクビ(LAKUBI)。
さて、しっかりとその効果を出すためには、どのような飲み方をすれば良いのでしょうか?

そもそも飲み方で効果に違いがあるのでしょうか?

ラクビ(LAKUBI)のような「善玉菌」である乳酸菌を摂る時には、どちらかというと飲み方を気にするよりは、毎日続けることがより重要なんです。
なぜかというと、サプリメントや食品などから摂取した乳酸菌は、残念ながらそうそう長く腸内で生息してくれないんです。腸内にとどまってくれる期間は、短くて数日、長くても数か月くらいまでといわれています。

もともと腸内の菌の数はとても多くて、およそ600〜1000兆個といわれています。すごい数字ですよね。それに比べ1回分のヨーグルトやサプリに含まれている乳酸菌はせいぜいい多くても数億〜数百億個くらいです。一度摂取しても、もともと腸内にすんでいる大量の腸内の菌には負けてしまうのです。

だから、効果をだすには、一度にたくさん摂っても効果は期待できません。ある程度の期間、欠かさず毎日摂り続ける必要があるわけです。
つまり、継続して摂取することで、もともと腸内にある「善玉菌」が増えるようないい環境にしてあげることが最も大事です。ですのでラクビ(LAKUBI)の飲み方に気を付けるとすれば、毎日飲み忘れることがないような工夫も肝心です。

おすすめの飲み方-1:食後に飲む
ラクビ(LAKUBI)のおすすめの飲み方の一つは食後に飲むことです。なぜかというと、乳酸菌というのは胃酸に弱いという性質があります。ですので、食前よりは食後の方が胃酸が薄まっているので、胃酸によるダメージが少なく、よりよい状態で腸まで菌を届けることができます。

さらに1日の中で飲み忘れを一番防げる時間帯ということを考えると、一般的には夕食後に飲むのが一番おすすめの飲み方、ということになりますでしょうか?

おすすめの飲み方-2:食物繊維と一緒に飲む
より効果を発揮させるには、食物繊維と一緒に飲むことがおすすめです。なぜなのでしょうか?

腸内に生息する菌には、乳酸菌のようないわゆる「善玉菌」と、増殖すると悪さをする「悪玉菌」の2種類があります。そして、健康のために腸内環境を整えるということは、そのバランスを保つことなんです。

悪玉菌そのものは、実は悪さだけをするものではなく、体にとっては必要なものでもあります。しかし増えすぎると体に悪影響をおよぼしてしまいます。なので「悪玉菌」といわれるんですね。すなわち、善玉菌を増やして悪玉菌が増殖するのを防ぐことが肝心です。

この善玉菌だけを増やしてくれる働きをするものを、「プレバイオテクス」といいます。食物繊維はまさにこのプレバイオテクスです。そして、食物繊維の中でも、水溶性の方が効果的といわれています。

ですから、善玉菌である乳酸菌と一緒に水溶性の食物繊維を摂ることは、腸内をより善玉菌が増える環境にすることにおいて、非常に効果的であるといえますね。

食物繊維のほか、オリゴ糖もプレバイオテクスです。ラクビ(LAKUBI)にはこのオリゴ糖がちゃんと含まれています。

つまりまとめると、ラクビ(LAKUBI)のおすすめの飲み方は、食後に飲むこと(特に夕食後がおすすめ)、そして、水溶性の食物繊維と一緒に飲むことですね。

⇒ 腸内の「やせ菌」を増やしてくれる!!ラクビ(LAKUBI)の詳細はこちらから

– – – – –

【こちらも合わせて読みたい】ラクビ(LAKUBI)の口コミと自分が感じた本音を紹介します!